静岡県労働金庫

預金保険制度とペイオフ

預金保険制度とは、金融機関が[預金保険機構]に加盟し、一定金額の保険料を納めることで、経営破綻した金融機関に代わり、[預金保険機構]が保険金の支払いによって預金を保護する制度です。
ペイオフとは、金融機関が破綻した時に、預金全額ではなく一定金額の保険金のみが払われる仕組み。2005年4月より、金融機関が破綻した場合、普通預金、定期預金等について1金融機関について元本1000万円とその利息までしか保護されません。

預金保険制度についての詳細は、金融庁ホームページをご覧ください。

http://www.fsa.go.jp/policy/payoff/