営業店の仕事紹介

預金係

ろうきんの「顔」として、お客様のニーズを的確に捉えた提案をする重要な仕事です。

預金係の仕事は

窓口に来店されたお客様への預金商品の説明をはじめ、資産運用の提案、セールスなどを幅広く行います。また、ご預金の入出金や振込み、各種お手続きの対応などお客様とろうきんを「繋ぐ」仕事です。提案力・接客力とともに専門知識獲得のため自己研鑽への挑戦が求められます。

金融機関というと
まず思い浮かぶのが窓口の笑顔

窓口でお客様の対応をする職員は静岡ろうきんの「顔」です。働くひととそのご家族に生涯にわたって安心して静岡ろうきんをご利用していだだくために、最適な商品をご提案します。
来店されたお客様の求めている以上の情報やサービスなど、付加価値を窓口で提供し続けることにより「静岡ろうきん」としての魅力をさらに高めていくことができると考えます。
預金係の職員は、お客様とのコミュニケーション能力もさることながら、預金商品や資産運用等の提案力向上のため専門知識を高めていくことも求められます。

先輩の声

わたしたちのすべてで、お客さまにお応えする。2017年入庫 海老名 駿介

実際に働いてみて感じることは、〈ろうきん〉は福祉金融機関ということ、つまり、とことんひとに寄り添うことができる、他には決して存在しない「金融機関」なんだと強く感じます。だからこそ、ご来店されたお客さまに最適な金融商品のご提案が迅速にできるよう、専門知識を深めていく必要があると感じています。どんな方にも利用しやすくて、頼りになる「金融機関」であり続けるために。私たち一人ひとりが、〈ろうきん〉の理念をあらためて理解し業務に邁進する必要があると感じています。