HOME > 調べる -ろうきんについて- > ろうきんについて> 静岡県労働金庫 第1期女性活躍推進行動計画
調べる -ろうきんについて-

ろうきんについて

静岡県労働金庫 第1期女性活躍推進行動計画

 女性職員が継続して勤務し続けられる制度等を整備し、将来的にわたって活躍できる環境を整えるため、以下のとおり行動計画を策定する。

1.計画期間
  2016年4月1日 ~ 2019年3月31日(3年間)

2.当金庫の課題
(1)  採用数の男女差に大きな乖離はないものの、平均勤続年数に男女差が生じている。
(2)  管理職に占める女性割合が低く、支店長職での女性活躍が限定的である。

3.目標と取組内容

目標1:職員女性の平均勤続年数が男性の平均勤続年数の60%を超える水準を目指す。

  (取組内容)
   2016年4月~ 女性が働き続けるための制度の再周知等を開始
   2016年7月~ 育児休職者との意見交換会により情報等収集(以降半期ごと継続)
   2017年4月~ 必要に応じ、諸制度の見直し等も実施
           (以下モニタリングと継続的な制度検討を実施)

目標2:女性の管理職比率8%(産業別平均値)以上、新たに女性を支店長(本部課長)以上の職位に1名以上登用する。

  (取組内容)
   2016年4月~ 女性管理職の配置の可能性検討開始
          庫内報での女性活躍事例(ロールモデル)の紹介等検討
   2016年5月~ 登用試験により有資格者より選抜(以降期間中毎年継続)
   2017年2月~ 女性向けキャリア開発研修の実施(以降毎年実施)
   2017年4月~ 人事異動により管理職(支店長・本部課長の配置含む)の検討
          渉外係長への女性配置の増加を検討

(補足 基準)
 目標1:(特定時点における)女性平均勤続年数÷男性平均勤続年数×100 > 60(%)
 目標2:(特定時点における)女性管理職数÷管理職全体人数×100 > 8(%)
     ※管理職には専任職を含めない。

以上

前のページに戻る


このページの先頭へ戻る