70th Anniversary Site

News

70周年記念誌を公開しました。

理事長あいさつ

平素は、格別のご高配を賜りまして深くお礼申し上げます。

おかげさまで当金庫は、2023年3月1日をもちまして、創立70周年を迎える運びとなりました。昭和から平成、令和へと激動の時代を経て今日を迎えることができましたのも、ひとえにみなさま方のご愛顧、ご支援の賜物と心から感謝申し上げます。

この度、「ろうきんの理念」の実践を念頭に、創立意義の再確認と今日までの発展に感謝し、2023年度にかけて創立70周年記念事業を展開しております。
運営委員のみなさまや職員よりアイデアを募集したロゴマークには、『人々が共に手を取り合い、お互いを補っていくべきだ。そうすれば、私たちの歩くこの道は、凸凹道から虹のような輝かしい道に変わってゆく』という想いが込められております。
格差や孤立を生む社会への不安に対し、わたしたちが助け合いの輪を社会に拡げていくという役割は創立当初から変わりません。本記念事業が、未来につながるターニングポイントとなりますよう、これからも精一杯努めてまいります。

わたしたちは、会員・勤労者の”つながり”をさらに強め、誰ひとり取り残さない金融サービスを提供していくことが協同組織の福祉金融機関である当金庫の果たすべき役割であると、考えております。
ここに改めて、先人たちの苦労をしのび、今日までご協力とご厚情を頂いたみなさまに厚くお礼申し上げますとともに、今後一層のご指導、ご鞭撻、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

増田泰孝 理事長の写真 増田泰孝 理事長の写真

静岡県労働金庫 理事長 増田泰孝

Scroll

70周年記念誌・歴史

印刷する際は、「原稿サイズ(A3)」「出力用紙サイズ(A3)」「短辺とじ」設定で印刷いただくと冊子形式でご覧いただけます。

Scroll

70周年キャンペーン・イベント

これまでの感謝を、
これからの未来へ。

戦後の苦しい時代を生き抜くために、
労働者のための唯一の金融機関として始まったろうきん。
豊かな生活環境を築いていくための「助け合いの仕組み」により、
設立当初から多くの組合にろうきん活動が進められて組織を拡げてきました。
これまで支えていただいた皆さまへの感謝の気持ちを込めて各種キャンペーン・イベントを実施します。
2023年3月までの期間順次キャンペーン情報を更新してまいります。

Scroll
Scroll