HOME > お客様へのご注意 > キャッシュカード等の安全管理に関するご注意
お客様へのご注意

キャッシュカード等の安全管理に関するご注意

昨今、キャッシュカードの磁気データを不正にコピーした偽造カードや、盗難されたカードの不正な使用により、お客様の預金等が引き出される被害が増加しています。 万一の場合もございますので、キャッシュカードの安全管理にはお客様自信にも十分ご注意いただきますとともに、他人に類推されやすい暗証番号を使用している場合には、速やかに暗証番号の変更をいただく等、不正使用被害の防止にご協力をお願いします。

キャッシュカードの安全管理について

安全にキャッシュカードをご利用いただくために、以下の事項にご注意ください。

  1. 他人にキャッシュカードを預けたり、貸したりしないでください。
  2. 他人にキャッシュカードの暗証番号を教えないようにしてください。
  3. キャッシュカード上に暗証番号を書き込まないようにしてください。

他人に類推されやすい暗証番号の変更について

他人に類推されやすい暗証番号は、万一、キャッシュカードの偽造や盗難の被害にあった場合にたいへん危険ですので、下記のような暗証番号を使用されている方は速やかに変更ください。

<類推されやすい暗証番号の例>

  1. 自分や家族の生年月日
  2. 自宅・勤務先・携帯電話等の電話番号
  3. 自宅の住所(地番)
  4. 自動車のナンバープレートの番号
  5. 同じ数字が連続する番号

※暗証番号は当金庫のATMをご利用いただけば簡単に変更可能です。メニュー画面の「暗証番号変更」のボタンより画面の案内に従って変更ください。
※キャッシュカードの安全利用のために、定期的に暗証番号を変更されることをお勧めします。

その他のご注意

  1. 不特定多数の方が使用する貴重品ボックスや携帯電話サービスなどのご利用にあたっては、万一の被害防止のために、キャッシュカードに使用している暗証番号は使用しないでください。
  2. キャッシュカードを(財布に入れるなどして)自家用車内に放置したり、不特定多数の方が出入する場所に置くなどしないよう、外出時は必ずお手元に置いてください。 飲食店などで、上着やバッグを手元から離す場合にも、ポケット内等にキャッシュカードを入れたままにしないようご注意ください。
  3. 暗証番号の手がかりとなるようなメモや資料等とキャッシュカードを同じ場所に保管しないでください。また、お通帳、お届印、キャッシュカードは別々に管理するようにしてください。
  4. 万一の場合に備えて、通帳のご記帳はできる限り頻繁に行い、不審な取引がないかご確認ください。
  5. キャッシュコーナー(ATM)で預金を払戻しされる場合には、周囲や後方を確認いただき、暗証番号や払戻した現金の額を他人に探られないようにご注意ください。(<ろうきん>では、ATMにのぞき見防止ミラーを設置していますので、後方確認に利用ください。)また、「ご利用明細票」は必ずお持ち帰りください。

万一、キャッシュカードの紛失に気付いた場合や、盗難や偽造された懸念がある場合には、直ちにお取引店または下記までご連絡願います。
【平日9:00~18:00】お客様サービスセンター:0120-609-123
【上記時間帯を除く 7:00~23:00】労金照会センター:0120-060-560 または夜間専用受付窓口:054-205-7715
【上記以外の時間帯(23:00~7:00)】労金照会センター:0120-608-002 または夜間専用受付窓口:054-205-7715

前のページに戻る


このページの先頭へ戻る