調べる -ろうきんについて-

静岡ろうきんの各種方針

静岡県労働金庫倫理綱領

  1. 労働金庫の社会的責任と公共的使命の自覚
    私たちは、労働金庫のもつ社会的責任と公共的使命を常に自覚し、健全な業務運営に努めます。
  2. お客様の視点に立った金融等サービスの提供
    私たちは、お客様の視点に立ち、創意と工夫を活かした金融および非金融サービスの提供等を通じて、勤労者のくらしを応援します。
  3. 法令やルールの厳格な遵守と適正な業務運営
    私たちは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範に決して背くことのない、誠実な業務運営を行います。
  4. 公正かつ透明な事業運営と政治・行政との健全かつ正常な関係の構築
    私たちは、自己責任原則を基本とし、公正かつ透明な事業を行います。また、政治、行政との健全かつ正常な関係を保ちます。
  5. 反社会的勢力の排除
    私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力を、断固として排除します。
  6. 経営情報の積極的開示とコミュニケーションの充実
    私たちは、経営情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、会員はもとより、広く社会とのコミュニケーションの充実を図ります。
  7. 働きやすい職場環境の実現
    私たちは、働きやすい職場環境を実現することにより、意欲と情熱をもって自主福祉運動を実践できる組織風土の構築に努めます。
  8. 社会貢献活動への取組み
    私たちは、労働金庫が社会の中において存続・発展し得る存在であることを自覚し、協同組織の福祉金融機関としての役割発揮を通じて社会貢献活動に積極的に取り組みます。
  9. 環境問題への取組み
    私たちは、社会を構成する一員として、資源の節約や環境保全などの環境問題に取り組みます。

前のページに戻る


このページの先頭へ戻る