HOME > 運用する -運用商品- > 個人向け国債
運用する -運用商品-

個人向け国債

「個人向け国債」は、日本国政府が発行し、元本や利子をお支払いする国債です。

ポイント1 安全

日本国政府が発行するので、信用度が高い債券です。

固定・3年 固定・5年 変動・10年 の3種類があります。

ポイント2 お手軽

  • 個人の方ならどなたでもご購入頂けます。(当金庫では未成年の方の取扱いをしておりません。)
  • 1万円から1万円単位でご購入可能です。
  • 発行後1年経過すれば、中途換金もできます。
  • 3年、5年または10年満期で、半年ごとに利子を受け取ることができます。
    (適用金利は、3年・5年は全期間固定金利、10年は変動金利で、固定10年利付国債の金利水準に応じて半年ごとに適用金利が変動します)

ポイント3 確実

  • 満期までお持ちいただければ、額面金額がお受取りになれます。
  • 年率0.05%の最低金利が保証されています。

マル優・マル特もOK

「障がい者等のマル優制度」、「障がい者等の特別マル優制度」がご利用いただける商品です。

ご注意事項

預金保険の対象ではありません。

個人向け国債は、預金保険の対象ではありません。

信用リスク

個人向け国債は、元本と利子の支払いを日本国政府が行うため、安全性の高い金融商品ですが、発行体である日本国の信用状況の悪化等により、元本や利子の支払い不能が生じ、投資元本を割り込み、損失(元本欠損)が生じるおそれがあります。

中途換金

個人向け国債を途中売却する場合、売却価格は購入価格と同額ですが、中途換金調整額として利子相当額をお支払いいただきます。

固定・3年 固定・5年 変動・10年 【共通

発行後1年経過
すれば、いつでも中途換金可能です。(※1)
■受取金額は、「額面全額+経過利子相当額-直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.8(※2)」

※1 保有者本人が死亡した場合や災害救助法の適用対象となった大規模な自然災害により被害を受けられた場合には、発行から1年未満であっても中途換金が可能です。
※2 2013年1月10日以降に国が買い取るものについては「0.8」から「0.79685」になります。

利子についての留意事項

個人向け国債は、年2回、半年ごとに利子を支払いますが、初回の利払いに限っては、発行日が土曜日などの休業日の場合、その翌営業日を発行日とするため、発行日から初回の利払日までの期間がちょうど6か月に満たない場合があります。この場合、利払日には6か月に満たない“実際の保有日数分”の利子が支払われます。

税金

源泉分離課税 利払時に20.315%(所得税15.315%、住民税5%)の源泉徴収が行われます。

保護預りに関する制度

平成15年1月より「国債振替決済制度」が改正されました。この改正により国債は券面が発行されない「ペーパーレス方式」になり、ご購入・ご売却等の管理は各金融機関が備える「振替口座簿」により行われる「口座管理」となります。
利息や償還金は、お客様が指定された<ろうきん>の口座にお振り込みし、また、お預りしている国債の残高を定期的にご連絡させていただきます。

*2006年1月より、口座管理手数料は無料です。

前のページに戻る


このページの先頭へ戻る