HOME > 〈静岡ろうきん〉メルマガ配信サービス利用規約

〈静岡ろうきん〉メルマガ配信サービス利用規約

〈静岡ろうきん〉メルマガ配信サービス利用規約

1.はじめに

〈静岡ろうきん〉メルマガ配信サービスは、本規約に従って行われます。メルマガ配信サービスの登録希望される方(以下、「利用者」といいます。)は、本規約内容を十分にご理解・ご同意いただいていた上で、ご登録願います。
メルマガ配信サービスへの登録は、利用者自らの判断と責任において行うものとし、当金庫の故意または過失に起因するものを除き、当金庫はメルマガ配信サービスにより被った損害について一切の責を負わないものとします。なお、本規約の内容を変更する場合、当金庫は本サイト内でその旨を告知するものとします。
本規約は、2012年1月4日から適用されることとします。

2.利用機器・費用負担等について

本サイトを利用するために必要な通信機器・ソフトウェア・さらにその他必要となる機器・電話利用の契約は、全て利用者本人の費用と責任において行うものとします。
本サイトへの接続は、いかなる通信機器・ソフトウェア等を利用する場合も、全て利用者本人の費用と責任において行うものとします。

3.登録について

利用者が正確なデータを提供しない場合または当金庫が不正行為と判断した場合、当金庫において利用者の本サイト利用を無効とすることがあります。
当金庫は、第三者によりメールアドレスとパスワードを利用して行われた行為であっても該当する利用者の行為とみなしますので、当金庫に故意または過失がない限り利用者に対し一切の責を負いません。
なお、本サイトを利用する権利の第三者への譲渡、その他の処分または貸与は認めません。

4.サービス内容の変更などについて

保守、火災、停電、通信環境の悪化、天災地変、戦争・暴動、労働争議、官公庁の命令による場合、利用者もしくはアクセス数が一時的に想定数を上回ったなどでメルマガ配信サービスのシステムに支障をきたした場合、または当金庫が必要と判断した場合、当金庫は利用者に事前に通告することなくメルマガ配信サービスを中断、変更または終了することができるものとします。
この場合、当金庫は、当金庫の故意または過失がない限り、中断、変更または終了により生じた一切の責を負いません。

5.通知・連絡について

利用者から当金庫への一切の通知・連絡・質問は、当金庫指定の窓口宛に当金庫指定の手段を用いて行うものとし、それ以外の手段によるものは認めません。

6.知的財産権について

本サイトの全ての情報に関する著作権、商標権、意匠権等の知的財産権(以下、「知的財産権」といいます。)は、個人の私的な使用の範囲で提示、複製、印刷等を認めますが、改変、知的財産権に関する表示の削除、または知的財産権を侵害する一切の行為は、媒体の種類および存在形態に関わらず認めません。
なお、利用者から当金庫に送付・送信された情報に関する知的財産権は全て当金庫に属するものとし、そのような情報には、当金庫に守秘義務はなく、当金庫はあらゆる利用を無償で行うことができ、利用者に一切の責を負いません。

7.免責について

当金庫は、利用者が、法令に反する行為、犯罪に結びつく行為、公序良俗に反する行為、他人の権利やプライバシーを侵害する行為、架空のまたは第三者のメールアドレスを利用する行為、本サイトのセキュリティやシステムを破壊する行為、その他の不当な行為を行っていると判断した場合、何ら通知することなく、当該利用者による利用を禁止することができ、これについて一切の責を負いません。また、第三者によるこれらの行為を行ったことによる損害について、利用者に対して一切の責を負いません。
利用者が、メルマガ配信サ-ビス利用に関連して第三者からクレーム、損害賠償請求等を受けた場合、利用者自らの責任と負担において解決するものとし、当金庫は解決に協力する義務を負わず、当金庫が、メルマガ配信サービスの提供に関連して第三者から損害賠償請求等を受けた場合、その解決に関して必要な範囲で利用者に協力を求めることがあります。
また、メルマガ配信サービス終了後に本サイトに生じた障害等については、その原因に関わらず、当金庫は利用者に対して一切の責を負いません。

8.取得情報の取扱いについて

利用者の個人情報は、マーケティングデータ集計および分析のほか、今後、キャンペーン情報の配信などを目的として使用する場合があります。
また、該当業務に必要な委託先に提供する場合を除き、利用者の承諾なしに第三者へ提供いたしません。(法令などにより開示を求められた場合を除く。)

9.退会について

 利用者は、自己の判断で本サイトの利用を中止し、退会することができます。この場合は、本サイト上の「メルマガ登録解除」の手続きをお願いします。

10.準拠法・専属的合意管轄裁判所

●準拠法
本規約、個別の規定、契約の成立、有効性、解釈、履行等に関しては、日本法が適用されるものとします。
●専属的合意管轄裁判所
当金庫と利用者との間で本規約、個別の規定に関連する紛争が発生したときは、両者で誠意をもって協議しこれを解決するものとしますが、訴訟の必要が生じた場合は、当金庫の本店所在地を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
 


このページの先頭へ戻る