営業店の仕事紹介

融資係・ローンセンター係

福祉金融機関としてお客様の夢の実現をお手伝いする仕事です。

融資係・ローンセンター係の仕事は

住宅ローン、車のローン、教育ローンなど働く人の夢をかなえる融資に関する仕事です。ハウスメーカーや不動産業者のご担当者のサポートも行います。お客様の立場にたった親身な対応とともに融資審査のための分析力や判断力も必要です。また関係する法務・税務・不動産取引などの専門知識に基づくお客様への提案にも挑戦していただきます。

福祉金融プロフェッショナルとして
お客様から信頼される

融資に係る業務は、お客様とのご相談の受付や融資可否の判断、円滑なご返済のサポートなどが一般的なものです。しかしろうきんの職員は、「働くひとを支えるために働く」といった意識・意欲を強く持ち、福祉金融プロフェッショナルとしてはたらくひとのライフステージに応じた提案を行っていく必要があります。住宅ローンや車のローンなどの金融商品は、目に見える商品ではありません。お客様から信頼され、選択をされるろうきんとなるためには、個々の職員力の発揮が必要です。接客力・提案力を磨くとともに幅広い専門知識を獲得するための継続的な自己啓発が求められます。

先輩の声

“ひとの役に立つ”を仕事に選んだ、私の覚悟。ローンセンター長  1993年入庫 本多 裕子

まだ融資窓口を担当していた20代の頃。私ひとりでは、上手に解決策をご提案できない難しいご融資の相談がありました。当時の上司からの的確なアドバイスもあり、無事にお客さまは融資をご利用いただけることに。お客さまの「笑顔」を今でも覚えています。〈ろうきん〉で働く以上、わたしたちの都合よりも「この提案で、お客さまは夢を実現できるのか?」が、行動と判断の基準となるべき。〈ろうきん〉で働ける喜びを感じながら、これからも「お役に立てる」サービスを展開していきます。

ひとの人生に寄り添うことこそ、私たちの「使命」です。2008年入庫 渡辺 和寿

私たちは、会員のみなさまからお預かりした大切な「お金」を取り扱います。その「お金」は、会員のみなさまの日頃の努力と情熱の賜物です。ひとはきっと、社会に出て働くようになってはじめて「お金」や「労働の重み」を理解するはず。そこを知らずに、お客さまとの「信頼」関係は築けません。私たちも働くひとの一員として、お客さまと同じ目線にたった利用しやすい金融商品をご提供します。お客さまの人生に寄り添えるようこれからも努力していきます。

自分に置き換えることで、利用しやすいサービスがうまれる。2010年入庫 本山 勇輝

仕事は、住宅ローン・教育ローン等の相談、受付、審査業務や住宅業者訪問など、多岐にわたります。就職先に〈ろうきん〉を選んだのは、常に相手の目線にたって物事を考えるなど、ひとと密接な距離感で働けることに魅力を感じたからです。さらに、非営利という強い公共性に魅力を感じました。働く人が抱くささやかな夢の実現のお手伝いをする。この〈ろうきん〉の理念を、私は心から誇らしく感じています。

お客さまの人生に関わる。それが、私の仕事。2014年入庫 岩邊 紗耶

〈ろうきん〉を就職先に選んだいちばんの理由は、人とのつながりを直に感じながら働ける職場だと思ったから。主な仕事は、住宅や車、進学などのご融資相談ですが、家計の見直しなどのアドバイスもします。わたしを信頼してご家庭のいろいろな事まで話して下さるお客さまに対し、失礼の無いように真剣に向き合う責任ある仕事です。ご提案した金融商品で、お客さまが夢をかなえられた時は、自分の事のように嬉しくこの仕事に就いてよかったと思う瞬間です。