営業店の仕事紹介

預金係

ろうきんの「顔」として、お客様のニーズを的確に捉えた提案をする重要な仕事です。

預金係の仕事は

窓口に来店されたお客様への預金商品の説明をはじめ、資産運用の提案、セールスなどを幅広く行います。また、ご預金の入出金や振込み、各種お手続きの対応などお客様とろうきんを「繋ぐ」仕事です。提案力・接客力とともに専門知識獲得のため自己研鑽への挑戦が求められます。

金融機関というと
まず思い浮かぶのが窓口の笑顔

窓口でお客様の対応をする職員は静岡ろうきんの「顔」です。働くひととそのご家族に生涯にわたって安心して静岡ろうきんをご利用していだだくために、最適な商品をご提案します。
来店されたお客様の求めている以上の情報やサービスなど、付加価値を窓口で提供し続けることにより「静岡ろうきん」としての魅力をさらに高めていくことができると考えます。
預金係の職員は、お客様とのコミュニケーション能力もさることながら、預金商品や資産運用等の提案力向上のため専門知識を高めていくことも求められます。

先輩の声

幅広い金融知識を身に付け、気配り、心配りを自分らしく。2018年入庫 望月 大地

新入職員である私にとって、お客さまとの何気ない会話からニーズを汲み取り、最適な金融商品をご提案することは簡単ではありません。幅広い知識を身に付けるため自己啓発に励んだり、自分なりのマニュアルを作ったりと日々勉強ですが、お客さまからの感謝のお言葉や、今確かにお役に立てているという実感は、何物にも代えがたい喜びです。また、〈ろうきん〉では、ご加入いただいている会員団体のみなさまとの距離も近く、「職員としての成長=人間としての成長」そう思わせてくれる機会にも恵まれています。多くのお客さま・会員のみなさまと真摯に向き合い、〈ろうきん〉だからできるサービスを私らしくお届けしていきます。