ろうきん団体信用生命保険制度

ローンを借入れされたお客さまが保険期間中にお支払い事由に該当された場合に、生命保険会社が保険金等を〈ろうきん〉に支払、その保険金等がお客さまのローン返済に充当される保険です。お客さまのライフプランに応じて5つの制度を用意しています。

団信についてのご説明動画は「動画でご紹介 団体信用生命保険(団信)のご案内 - 労金連」をご覧ください。

1.ろうきん団体信用生命保険

〈ろうきん〉が保険料を負担して生命保険をセットします。

  • 最高1億円で、ご融資残高が上限となります(この保険に質権を設定させていただきます)。
  • ご加入いただいた方が、死亡または保険会社が定める重度障がいなど不測の事態に陥った場合には、保険金により住宅ローンの借入残金全額が返済されますので、ご家族にご返済の負担は残りません。
  • 被保険者は原則として申込人(債務者)とします。ただし、連帯債務者がいる場合、債務者・連帯債務者それぞれに加入割合を持たせて被保険者とするか、連帯債務者のみを被保険者とすることができます。
  • ご契約者が被保険者になれるのは、以下の要件を満たす場合です。
    1. 満18歳以上66歳未満の方(住宅ローンは、満20歳以上66歳未満の方)
    2. 「団体信用生命保険告知書」の質問事項に該当する告知事項がない方
      • 1.2.に該当しない場合には、個別にご相談させていただきます。
  • 「ろうきん団体信用生命保険」の保険金支払い可否は、保険会社の定める事業規約等により判断されますので、告知事項に誤りがあったり、事業規約等の定めにない原因や結果による事態に対しては、保険金の支払がされない場合があります。
  • 「ろうきん団体信用生命保険」ご加入者さまに万一のこと(死亡・高度障がい)が生じた場合、ご遺族さま(高度障がいの場合はご本人さま)にご利用いただける付帯サービス「MY(マイ)生活応援ネット」をご用意しています。

2.夫婦連生団信

  • 夫婦共働きで、夫婦で住宅ローンを借りる場合にお勧めの団体信用生命保険です。
  • 夫婦のどちらか一方が、死亡や高度障がいになったときのリスクを保障します。
  • 詳細は「夫婦連生団信付住宅ローン「ささえ愛」」をご覧ください。

3.就業不能保障団信

  • ご加入いただいた方が、死亡または保険会社が定める重度障がいなど不測の事態に陥った場合に加えて、傷害または、全疾病(精神障がいを除く)による就業不能状態を保障します。
  • 詳細は「就業不能保障団信付住宅ローン」をご覧ください。

4.夫婦連生就業不能保障団信

5.オールマイティ保障型(3大疾病保障特約・障がい特約付団体信用生命保険)

  • 3大疾病に加え、あらゆるケガ・疾病による重度の障がいに対応した生命保険です。
    • 障がい年金の障がい等級1級相当
  • 急性心筋梗塞・脳卒中は、(60日間状態継続が無くても)手術を受けた場合、保険金をお支払いします。
  • ご利用にあたっては、健康状態等を告知していただく必要があります。また、健康状態等により、ご加入をお断りする場合があります。
  • 詳細は「オールマイティ保障型住宅ローン」をご覧ください。